1. ホーム
  2. 所在・人探し調査

所在・人探し調査~初恋の人、昔お世話になった関係者、行方のわからない親族の居場所を判明します。~

「もう一度会いたい」「お世話になったあの人を探したい」所在・人探し調査は帝国興信所にお任せください。プロにお任せいただくことで、効率よく安全に探し人を見つけることができます。
また、見つかった後のアフターフォローもご相談に応じてお客様のご希望に沿えるよう尽力いたします。

  • 手掛かりもなく、どうやって探したらいいのかわからない
  • 他社の調査で満足できなかった
  • 警察に相談しても対応してくれない

現在判明していることが少ない場合でも、ベテランの専門相談員がどのような調査が必要なのかご提案やお見積りをさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

こんなことでお困りの方からご相談・ご依頼がありました

両親が離婚したとき別れてしまった兄弟姉妹がいると後から知り、会いたい

生き別れた家族や親族に会いたい、長く会っていないが近況を知りたい

転校や災害避難等、さまざまな理由で連絡が取れなくなってしまったあの人に会いたい

引っ越しで離別したあの人に、もう一度会いたい

お世話になった故人のお墓参りをしたいが、どこにあるかわからない

帝国興信所では終活のお手伝いも承っております

昔の交際相手や、学生時代の仲が良かった友人に連絡がとりたい

生前贈与や遺産相続、財産分与など、音信不通の相続人を探したい

昔にお世話になった人や、恩人・恩師に連絡を取りたい

心残りのある人に会いたい、現況を知りたい、手紙や伝言の手伝い等をお願いしたい

ご依頼の際にあると良い情報の一例

調査の際に情報が多ければ多いほど、良い調査結果に繋がって行きます。

  • 電話番号(携帯電話番号)
  • 氏名、生年月日
  • ご実家や過去お住まいのご住所
  • 所持自動車などの登録ナンバー等
  • 出身地、出身学校等
  • 在職もしくは以前のお勤め先など

手がかりが少なく情報があいまいなものや、広範囲な地域の調査が必要なものでも、弊社の経験とノウハウを駆使して調査いたします。

初恋の人、お世話になった関係者、同級生などを探す場合は、その対象者について、現在お持ちの情報やその精度、経過年数などにより調査の難易度が大きく変わります。

所在・人探し調査のご相談の際は、できる限り多くの情報をお持ち頂くことが解決への近道となります。 どのような経緯で、どのような方をお探しなのか。また、情報はどの程度お持ちかをお教えください。
お客様に合った調査方法・料金にてご提案致します。

※ご希望の調査内容によっては調査が難しい件もございます。また、差別調査や違法な手段を用いた調査、ストーカー犯罪等に関わるような違法調査は行っておりません。

お悩み事はプロにご相談ください。
解決への道をご依頼者さまの希望に沿うようご提案いたします。

調査事例

所在調査 CASE1

CASE

依頼者は、60歳代の男性である。30数年前に結婚の約束をした女性がいたが、互いの両親の反対により、結ばれることは無かった。

その後、依頼者は別の女性と結婚し、子供にも恵まれ幸せな生活を送ってきた。子供も独立し、やっと夫婦二人の時間が訪れると思った矢先に、妻を癌で亡くしてしまう。

しばらく一人身の生活が続いたある日、自身も癌に侵され、余命幾ばくもないことが判った。

身辺の整理を考え始めた依頼者の脳裏をよぎったのは、結婚できなかった彼女のことである。
依頼内容

彼女の現況確認

調査

まずは、30年前の地図から、依頼者に当時の住所を確認してもらうという作業からのスタートであった。しかし、古い記憶であり、地域を絞りきることは困難であった為、広範囲の聞き込み調査、各種資料の確認に多くの時間を要した。数週間後、ついに当時を知る関係者に行き当たった。その人物によると、彼女の兄が別の場所で、印刷会社を経営しているという。早速、連絡先を調べ面会することが出来た。依頼者の強い思いを伝えたところ、快く協力を申し出てくれた。「当時、妹は毎日のように泣いており、可哀相で見ていられなかった。現在、妹は子供と一緒に東京で暮らしている。」とのことであった。

後日、彼女の兄から「本人の了承は得ているので、そちらから電話を入れてほしい」と連絡があった。

結果

早速、彼女の元へ電話を入れ、依頼者の心情及び、現在に至った経緯を詳しく説明した。すると彼女は電話口で泣きながら、ただ「ありがとう・・・。ありがとう・・・。」と繰り返すのみであった。次に彼女の口から出た言葉は「是非お会いして、私から彼に直接お話したい」というものであった。

その結果を依頼者に報告したところ、3日後に都内の喫茶店で二人は面会する運びとなった。

当日、依頼者は、待ち合わせ時刻の1時間以上も前に、薔薇の花束を抱えて来た。

二人は、現在も連絡を取り合っているという。

所在調査 CASE2

CASE

依頼者は、横浜に住む50代の男性である。中学時代の親友をなんとか探してほしいという依頼である。

一年前に同窓会が行われたのだが、その親友は参加しておらず、多くの同級生に聞いて回ったが、所在不明で連絡先等がまったく判らなかった。そうなると不安が募り思い返してみると連絡が取れなくなって五年が経過している。年賀状にあった前住所を尋ねてみたが引越しした後であり、大家にも行き先は告げていなかったと言う。当時の中学校や進学した高等学校に連絡をしてみたがどうしても転居先が判明出来ず調査依頼となった。

依頼内容

親友の所在確認

調査

依頼者の情報から五年前まで勤めていたと思われる会社にて総務担当者に取材を行うも「仕事の不満から退職した」と話すだけで、新たな情報を得ることは出来なかった。その為、取材対象を社員までに広げ幅広く聞き込みを行った結果、元同僚の一人から「引越し業者の相談を受け、地元の業者を勧めた」との情報を得た。

引越し先の判明は守秘義務により難しいと思われたが、詳細に事情を説明した結果、親友は大分県に引越ししたことが判り、その後、住所まで判明したのである。

しかし、その親友は、判明時、体調を崩して入院されており、依頼の一部始終を伝えたところ、「今は会えない。必ず連絡を取るので待っていてほしい。」と切望された。

結果

後日、依頼者より「親友から連絡があった。今から会いに行くつもりです。」と連絡が入った。親友は会社を自己都合で退職していたが、「実際は仕事の失敗からの退職で連絡が出来なかった。」と話したそうである。

依頼者からは、「事情は色々あったようですが、元気でいてくれてよかった。ひょっとすると亡くなっているのではないかと思っていた。安否が分かってとてもうれしい。」と連絡があった。