HOME > 探偵レポート 一覧

探偵レポート

結婚調査

結婚相談所で知り合った相手の過去

■娘の交際相手への違和感

30歳代の娘を持つ母親からの依頼。Eさんには、同居する娘(30代・会社員)がいる。娘は男性Y(40代)と結婚相談所で知り合い、5カ月ほど交際中との事。Yは他県に住んでおり、わざわざ娘から会いに行ったり、Yから会いに来たりするなどしていた。
しかしYは、Eさんと顔を合わせても挨拶もしない。接する態度にもどこか引っ掛かるものを感じたため、娘に不安を伝えてみると、なんと「結婚の約束をした」と言う。Yについて問い質してみても娘は「あまり話したくない」「でもいい人だから!」と言うばかり。
不安を抱いたEさんに、親戚は親身に相談に乗ってくれた。
さらに「帝国興信所さんは昔からある調査会社と聞くよ」と紹介を受け、Yについて調査を依頼すべくEさんは姉と2人で当社を訪れた。

結婚調査

■バツ1とは聞いていたが…

Yに離婚歴があり、いわゆるバツ1である事は娘も最初から知っており、Eさんも承知していた。
しかし調査を進めていくと、Yはバツ1ではなくバツ2であることが判明。その離婚理由はDV(家庭内暴力)によるものであった。
Yの前妻は今もYの事を恐れており、警察を通して「接近禁止命令」が出ている。前々妻との離婚理由はYの浮気癖であり、離婚後の子供の養育費は一度も払われたことがないという。また仕事も転々と変わっていたことがわかった。

■結果を受けて娘さんは

Eさんは調査結果を恐る恐る娘に伝えた。すると娘は少し驚きながらも「そんな気はしていた…」と暗い表情に。
聞けば、やはり娘もYの普段の言動大して違和感はあったものの、結婚したい気持ちが大きく、気が付かないふりをしてしまったとの事であった。
結婚話は白紙となり、娘はしばらく落ち込んでいたと言うが、その後、Eさんより「知人の紹介で縁談が決まり、無事結婚となりました」との連絡があった。Eさんは「調査をお願いする決断をして良かったです。相手を知る事の大切さを痛感しました」と話し、担当していた相談員も胸を撫で下ろした。

» 探偵レポートトップ