個人信用調査

調査概要

特定の人物について、人柄・性格、経歴、交友関係、健康状態等を様々な角度からご依頼者様の要望に沿う形で調査を行い、その人物像・信用度を判明します。

個人信用調査は、ご依頼者様により必要とする事項が異なりますので、一般的な調査項目を紹介します。

・人柄・性格に関する事項

対象者の人柄や性格を調査します。

・交友関係に関する事項

友人や同僚など、対象者がどのような人物と交流があるのか、交友関係を調査します。

・健康状態に関する事項

対象者の健康や態度を調査します。

・趣味・嗜好に関する事項

対象者の趣味や嗜好を調査します。

・特技・資格に関する事項

対象者の特技や資格を調査します。

・勤務先に関する事項

対象者の在職確認や風評を調査します。

調査事例

CASE1

依頼者は、34歳のOLである。お見合いパーティーで知り合った男性と交際したいが、迷っていると言う。とても紳士的なのだが、過去に一度失敗を経験しているため、良い人に見えれば見えるほど怪しく感じられてしまう。相手男性をよく調べてから判断したいとの相談である。

依頼内容

個人信用調査

調査

男性は、大手企業に勤める46歳の部長である。調査に於いて、男性には離婚歴があり、その理由は同人の浮気が原因であったことが判明した。5年前に離婚していること、また、別れた妻との間に7歳になる娘がいることを隠し、お見合いパーティーに参加していたのである。

結果

依頼者に調査結果を報告すると、優しい男性とは思っていたのだが、離婚歴があり、現在も養育費を支払い続けている状況では両親が納得しないだろうと依頼者は交際を諦めた。

その後、依頼者は別のお見合いパーティーで知り合った他の男性と結婚している。当然その男性には調査でも問題は無く、晴れて結婚に至ったのである。